スーパータダライズの知っておきたい事   >   薬の副作用

薬の副作用

  副作用

スーパータダライズは早漏やEDに効果がある一方で、きちんとした服用方法を守っても副作用がでる可能性があります。一般的な薬やサプリメンと違い効果が強い分、副作用もあるのです。

また副作用があるため、医師の処方せんが必要であり、間違った服用方法をしてしまうと余計に強く副作用が出てきてしまい命にかかわる可能性もありますので、服用する前にこちらから確認しておきましょう。

スーパータダライズにはダポキセチンとタダラフィルの2つの成分が配合されていて、それぞれで副作用がことなりますので、分けて説明します。

まずは早漏にダポキセチンの副作用についてですが、このダポキセチンには以下の副作用があるとされています。頭痛やふらつき、めまいや嘔吐、下痢、睡眠障害、疲労感、眠気、のどの渇きなどが報告されていますが、服用者の副作用発生率は1〜10未満とされている上に、副作用の効果自体もそれほど強い効果ではありません。

これらは大規模な臨床試験を行なった後に安全性が報告されており、世界でも60カ国以上で認可されています。

次にEDに効果のタダラフィルの副作用について説明していきます。このタダラフィルには以下の副作用があるとされています。頭痛、ほてり、紅潮、鼻づまり、消化不良などになります。

これらの副作用の症状はED治療薬にはよくある副作用であり、それはこちらのタダラフィルにも同様にその副作用の発症リスクはあります。しかし、こちらのタダラフィルは他のED治療薬の成分よりも緩やかに体に吸収されるがゆえに、副作用がでにくい傾向があります。

そのうえ、緩やかに吸収されるために仮に副作用がでたとしても、その副作用の効果は弱いことおおく、軽い症状であることが多いです。